【分類】 IPO
【質問】 主幹事証券会社選びのポイントは?
【回答】

主幹事証券会社選びのポイントとしては、以下の3つが参考になると思われます。

  • 公開引受部門の指導力・対応力

    上場準備における審査までの体制整備は、主に公開引受部門によって指導されます。

    上場準備の過程において、障害・問題が発生した場合の公開引受部門(担当者)の指導力・対応力の有無が重要となります。

  • 審査部門の経験度

    上場申請会社が形式的・実質的に上場基準を満たしているかを審査するのが審査部門です。

    審査は様々な視点から行われるため、会社の業種・規模にもよりますが、数百問にも及ぶことが珍しくありません。

    経験豊富な審査部門(担当者)は質問が的確であり、また、指導も適切であるため、審査をスムーズに進めることができます。

  • 引受能力(価格形成能力)

    上場時の公募・売出は、主幹事証券会社を中心とした引受証券会社(シンジケート団)が、機関投資家や個人投資家に対して行います。

    主幹事証券会社は、価格形成手続きに主導的な役割を果たしますので、引受能力、販売力の有無は重要な要素となります。

    上記のポイントを考慮したうえで、親身に対応してくれる証券会社を選定する必要があります。