【分類】 会社法
【質問】 子会社が親会社の株式を取得することは禁止されているのでしょうか。
【回答】

子会社は、原則、親会社の株式を取得できません(会社法第135条I、会会社法施行規則23)。

ただし、例えば会社Aの事業全部を譲り受ける際に会社Aが所有する親会社株式を譲り受ける場合や、合併後消滅する会社から親会社株式を譲り受ける場合、吸収分割または新設分割により他の会社から親会社株式を承継する場合、その他法務省令(会施規23条)で定める場合には適用になりません(会社法第135条II)。

また、会社法135条3項によると、相当の時期にその有する親会社株式を処分しなければなりません。

(親会社株式の取得の禁止)
第百三十五条 子会社は、その親会社である株式会社の株式(以下この条において「親会社株式」という。)を取得してはならない。
  前項の規定は、次に掲げる場合には、適用しない。
  他の会社(外国会社を含む。)の事業の全部を譲り受ける場合において当該他の会社の有する親会社株式を譲り受ける場合
  合併後消滅する会社から親会社株式を承継する場合
  吸収分割により他の会社から親会社株式を承継する場合
  新設分割により他の会社から親会社株式を承継する場合
  前各号に掲げるもののほか、法務省令で定める場合
  子会社は、相当の時期にその有する親会社株式を処分しなければならない。

 

吸収分割……株式会社又は合同会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を分割後他の会社に承継させることをいう。(会2条一項29号)

新設分割……一又は二以上の株式会社又は合同会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部を分割により設立する会社に承継させることをいう。(会2条一項30号)

回避する方法として、親会社株式を処分する方法、財務諸表上での子会社の認定を受けない等があげられます。