【分類】 取締役・取締役会
【質問】 取締役会は毎月開催しなければならないのでしょうか?
【回答】

会社法上は、3ヶ月に1回以上、会社の状況についての報告を義務付けています(会社法第363条第2項)。株式上場審査においては、毎月の月次状況、予算統制状況について取締役会への報告を指導していますので、実務的には毎月の開催を求めていることになります。

この主旨は、投資家の投資判断に十分に資するため、取引所が要請するタイムリー・ディスクロージャー(適時開示)対して、十分な対応を行なうことを求められているものであり、投資家に対する株式上場会社としての責務と考えてください。

株式上場会社は、自社内だけで状況を把握しているだけでなく、取引所の規則により、決算短信等で投資家に対して公表した売上高、利益等の数値が開示基準(売上高±10%、利益±30%)に該当すると判断した場合は速やかに投資家に対して公表しなければなりません。

また、取締役会の議案についても、取締役会規程で付議基準を設定し、十分な運用を行えるようにする必要があります。

文書ダウンロード取締役会付議事項チェックリスト