【分類】 取締役・監査役
【質問】 取締役の報酬はどのように決定したらよいのでしょうか。
【回答】

会社法では、定款に取締役の報酬について定めていないときは、株主総会の決議により定められるとされています。(会社法361条1項)。一般的には、株主総会で取締役、監査役の報酬枠の上限を承認しています。株主総会が個別の報酬額の決定を取締役会に委任した場合は、株主総会で決議した報酬枠の範囲内であれば、取締役会等の決議により決定することができます。

また、業務の対価としてストックオプション等を付与する場合は、株主総会の議案として付議する必要があります。